松山市の直葬・家族葬専門|松山市民直葬センター【公式】

松山市民直葬センター【公式】|松山市の直葬・家族葬なら

お問合せ: 0120-494976

直葬とは

一般的に直葬とは、通夜や告別式をとりおこなわず、火葬のみをとりおこなうことを言います。流れとしては、ご逝去の後に納棺をして故人様を柩に納め、火葬場へと出棺し火葬をおこなうようになりますので、一般的にはお坊様や神主様など、宗教者を呼び儀式をとりおこなう事はありませんが、火葬の際に火葬場の炉前にて簡略したお経をあげてもらうケースもあります。
松山市民直葬センターでは火葬式プラン、直葬プランの2プランもご用意しております。

外部への気遣いや手間が軽減されます

通夜や告別式をとりおこなう葬儀の場合には、家族以外の親族や友人、勤め先など広くお声をかけるようになり、参列される方が増えてしまいます。参列される方が多いほど、招く側の立場としては気遣いや準備が増えてしまいます。直葬は比較的家族や一部の親族のみでおこなう事が多いので、参列される方への気遣いや手間は軽減されます。

1日で全てが終わるわけではありません

直葬では通夜や告別式をとりおこないませんが、ご逝去の当日に火葬まですべてが終わるわけではありません。亡くなってから24時間以内は火葬をする事はできないよう法律で定められています。他にも、火葬場が一杯になっている場合は火葬自体おこなう事はできませんので、火葬をする日程は火葬場の空き状態にも左右されます。

葬儀の費用を抑える事ができます

直葬では通夜や告別式をとりおこないませんので、宗教者を呼び儀式をおこなう場合に必要な祭壇やお花、参列の方に振るまう返礼品や精進料理といった様々なものも不要となります。準備する物も最低限で火葬のみをおこなうようになりますので、その分葬儀にかかる費用を抑える事ができます。

直葬がおこなわれるケース

・施設や病院の期間が長く、知っている人がほとんどいなくなっている

・ご家族に宗教観念がなく、儀式に必要性を感じていない

・後日お別れ会や葬儀を別に設ける予定がある

・葬儀に極力費用をかけたくない

上記以外にも様々なケースの方が直葬をおこなうようになってきております。

家族葬との違い

一般的に家族葬とはお葬式を家族、親族の範囲で行う規模の事をいい、流れとしては宗教者を招き、通夜、告別式をとりおこなう事を言います。規模としては直葬などと同じですが、基本的に宗教者を招いて儀式をとりおこなうかの違いがあります。
松山市民直葬センターでは一日葬プラン、家族葬プランの2プランもご用意しております。

直葬で注意すべきこと

直葬か火葬のみをおこないシンプルに済ませる事ができますが、注意しておく事もあります。お葬式は宗教者を呼ばずに儀式をとりおこなわないようになりますので、一般的な葬儀の後の初七日や四十九日といった法要も基本的にはなくなってしまいます。葬儀の時には儀式はとりおこなわないが、後の初七日や四十九日は菩提寺に頼みたいという場合には事前の相談をしておくなどの注意が必要です。葬儀の後になって菩提寺に相談しに行きトラブルになってしまうケースもあるので、注意が必要です。

24時間365日 / 深夜でもお迎えにあがります 24時間365日対応
深夜でもお迎えにあがります
0120-494976