一般葬・家族葬・社葬・一日葬・直葬の違い | 松山市の葬儀・お葬式なら【松山市民直葬センター】へ|小さな葬儀を専門とした葬儀社・葬儀屋

松山市の葬儀なら松山市民直葬センター【公式】|直葬・家族葬専門葬儀社
お問合せ: 0120-494976

お葬儀コラム

一般葬・家族葬・社葬・一日葬・直葬の違い

カテゴリ:お葬儀コラム

お葬儀といっても、さまざまな形式を耳にする機会がありますが、「それぞれの違いってなんですか?」というご質問をよくお伺いします。

そこで、よく聞く「一般葬」「家族葬」「社葬」「一日葬」「直葬」についてそれぞれご説明いたします。

 

 

一般葬

昔から執り行われている、一般的な葬儀の形です。故人の親族をはじめ、友人、近隣住民、職場関係、共通の趣味を持つ仲間など、幅広い人に参列していただくお葬式で、通夜・葬儀告別式が執り行われます。

 

 

家族葬

最近よく耳にする方も多くなってきたのが家族葬です。

家族葬という名前ではありますが、家族だけではなく親族をはじめ故人と親しかった友人などが参加する場合もあり、必ずといえる決まり事はありません。近い関係の人だけで執り行う為、故人と向き合う時間が増え、また体裁を気にする事なく心置きなく故人を見送る事ができます。内容は一通りのことを行うため、小規模な一般葬と言えます。

 

 

社葬・合同葬

会社の代表者が亡くなったときや、社員が殉職した際などに会社主体で行う葬儀のことです。遺族と合同で執り行う場合や複数の会社が施主となるときには「合同葬」と呼びます。

規模が大きくなるため、準備に時間を要するため、臨終直後には密葬を家族中心で行い、後日に本葬として営まれることが多いです。

※施主:葬儀費用の負担する人

※密葬:遺族など近親者を中心に執り行う儀式

 

 

一日葬

本来葬儀は通夜、葬儀・告別式は日程を分けて行いますが、このうち通夜の儀式を簡略化または行わない形で、葬儀・告別式に比重を置いて行うものが一日葬になります。

時間を短くすることで遺族の負担を軽くするという利点があります。費用に関しては、通夜と葬儀の共通項目が多いため、費用が半分になるというわけではありませんが通常のお葬式と比較するとやや抑えられるということになります。

 

 

直葬

直葬とは、通夜や葬儀告別式を執り行わず、棺に花を手向けるなどシンプルなお別れの儀式で故人を送り出す形となります。費用の少ない点が特徴の直葬は、経済的理由や、故人や遺族の小規模の意向や諸事情によって選ばれます。また、親族や身寄りがない方が急死された場合も、行政などにより直葬となる場合があります。

 

 

上記の葬儀の種類をご説明致しましたが、どの形式も決まりきったものはなく、故人やご遺族が望まれる葬儀の形や雰囲気が重要視されます。

人数やお知らせする範囲が多いとしてもみんなが家族のような存在であれば、人数や立場など関係なく家族葬にされる方もいらっしゃいますし、無宗教で家族だけで温かく送り届けたいからと言われる場合は10名以下の親族だけの直葬を選ばれる方などいらっしゃいます。

 

「どうしたら良いかよく分からない」と思われるご不安な方は、終活としてまずは葬祭式場の事前相談に行かれることををおすすめいたします。

詳しい説明と、お伺いしたご要望を基にご希望に沿った葬儀の形式を提案してくれます。